セル

ワークシートを構成する1つの枠。
セルに数値、文字、記号を組み合わせて計算値や文字を表示する。

セルの場所を示す座標は、ワークシート内の列番号・行番号で示され、例えば A1やBB1000と表される。他のワークシートと同じ位置にあるセルを区別するためには、セルの位置を示す座標の前に「ワークシート名.セル座標」とワークシート名の後に半角コンマを付けた座標位置で表す。ワークシート名を変更しても自動的に全てのセルに反映する。

セルの参照位置を示す名称として、絶対セル、相対セルがあり、セルをコピーした際、参照するセルの位置および値が異なる違いがある。
また、ワークシート内で入力直前のセルは太枠で囲まれ、アクティブセルという。

090331-3.jpg


  • 最終更新:2010-01-22 19:55:32

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード