一部異なった太さの罫線を引く

oo3-1.png
罫線を引く場合、「罫線を引く」の方法があるが、太さが異なった罫線を引くには「セルのフォーマット」を利用する。

下図のような表を作成する場合

イメージ228.png

罫線を引く表全体を選択し、〔メニュー〕→〔書式〕→〔セル〕
または、
ショートカットキー [Ctrl] + [1]キーで

「セルのフォーマット」ダイアログを表示する。

イメージ235.png

「外枠」タブを選択

「罫線を引く位置のユーザー定義」について


ユーザー定義欄の罫線位置をクリックするごとに
〔スタイルで設定された罫線(指定された線種および色で表示)〕→〔既存の罫線を変更しない(薄いグレイ色)〕→〔罫線を消去(非表示)〕→・・・
と、3つのパターンの繰り返しで選択される。

罫線の指定位置は、外枠の左右と上下、外枠以外の縦と横、右斜め、左斜めの8カ所。
セル1つだけを選択した場合、外枠以外の縦と横を除いた6カ所が指定できる。
イメージ234.png



「線のスタイル」で2.5ptの太さの線種を選択。

外枠の左右と上下をマウスでクリックしながら選択した線種の位置を設定。
外側以外の縦、横をマウスで選択し(縦横交差する位置をクリックすると縦横同時に選択できる)、「線のスタイル」で0.50ptの線種を選択。

OKボタンを押す。

セル(B4~E4)を選択し、
ショートカットキー [Ctrl] + [1]キーで
「セルのフォーマット」ダイアログを表示する。

外枠を2.5ptの太さの線種にする。
外枠以外の縦線を、マウスで〔既存の罫線を変更しない〕に切り換えながら指定する。

OKボタンを押す。

セル(B4~B11)およびセル(B11~E11)を選択し、それぞれ同様にして「セルのフォーマット」ダイアログで線種を変更する。

  • 最終更新:2011-03-02 19:49:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード