成績合否表から合格者だけを表示したい

oo3-1.png
成績の合否表から入力された「合格」という文字を条件にし、合格者だけのデータを表示するには、オートフィルタ機能を利用すると便利である。

1.成績の合否データを作成する。

イメージ328.png

オートフィルタ機能を利用する場合、1人分のデータを行別に入力する。

データベース解説では一般的に1行1人として、行単位のデータをレコードという。

2.項目名の行にカーソルを置く

イメージ329.png

条件を選択するコンボボックスは同一行の項目名を読み込んで項目別に表示される。

3.メニューからオートフィルタを選択する

〔メニュー〕→〔データ〕→〔フィルタ〕→〔オートフィルタ〕を選択する。
イメージ330.png

各項目別に「コンボボックス表示ボタン」が表示される。


4.「合否」項目の条件選択

イメージ331.png

合否項目のコンボボックスから合格を選択。

5.結果表示

イメージ332.png

「合格」条件を選択すると合格者のみのデータが表示される。





  • 最終更新:2012-01-28 19:03:02

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード