数値データと文字データの個数をリアルタイムに表示したい

oo3-1.png
文字と数値の個数をリアルタイム(動的)にカウントする場合は、COUNTA関数を使用する。
表示されない文字であるスペースも文字と扱われるので注意。

数値データ数を表示する場合は、COUNT関数をする。

COUNTA関数

  セルの指定範囲内での数値データおよび文字データの個数をカウントする。

構文

  COUNTA(セルの範囲)
    
      セルの範囲
        連続した範囲はセルアドレスを : 記号で区切る。
        不連続の範囲は、; 記号で区切る。
        :と;の組み合わせは可能。

使用例

       =COUNTA(A1;A10)
        セル(A1~A10)の範囲にある数値データと文字データをカウントする。
 
        =COUNTA(A1;A10:C1;C10)
        セル(A1~A10)とセル(C1~C10)の範囲にある数値データと文字データをカウントする。




  • 最終更新:2012-01-28 19:24:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード