OpenOfficeとは

http://wiki1.fc2.com/upload_dir/o/openoffice/dfcd176c57cbf43d86bd077a17fff80c.png

  • 無料で使える、ワープロ、表計算、プレゼンテーション、データベス、図形作成等ができるフリーソフト。

  • 有料ソフト、マイクロソフトWord、Excelで作成したファイルも読むことができる。

  • 全ての機能を使うために”JRE付き”をインストールしたほうがよさそうです。

  • 出先のコンピュータにOpenOfficeがインストールされていなくても、USBメモリーで持ち歩けるOpenOffice Portableもある。現在のバージョンは3.0.1。(2009年5月)

バージョン3.1.0がアップデートされても3.0.1まま使用した方がよい場合もある

「ウイルスセキュリティゼロ」がインストールされていると、OpenOffice3.1.0を起動したとたんファイルが隔離されてしまう可能性があるので、注意が必要。(2009年5月)
3.0.1は通常通り使用できた。

OpenOfficeの短所

OpenOfficeは無料で使える良いソフトですが、いろいろ調べてみると短所も見られます。

Writer

罫線が貧弱である。
罫線の種類が少なく、破線や点線が使えない。海外では破線などを使用する頻度が低く、日本では結構使われるのですが、海外中心に要望が受け入れられているせいかもしれません。

表作成が貧弱である。
表の作成に自由度がない。例えば、表に斜線を引くことができないそうだ。

Calc

罫線が貧弱で、破線や点線が使えない。
やはり表作成には破線や点線は必要ですね。しかし、代用で破線や点線を引くことができる。
見た目には、線を引けてもやはり罫線は充実してほしい。
初期バージョンから要望が出されているみたいですが、現バージョン3でも改善されていないという。

ふりがな機能がない
表計算で名簿を作成するときには、ふりがなは必須。漢字入力と共にふりがなを自動的に入力してくれます。
なぜならば、あいうえお順に並び替えたりするには、名前の二度入力をしなければならない。
漢字だけで名前をソートするとあいうえお順には正確にできない。

ということで・・・・
市販に比べ、機能はある程度限定される点があるみたいですが、工夫して使用すると市販ソフトに負けないくらい十分に使えそうです。
Excelのように有名ソフトに関する書籍は多く出版されていますが、OpenOfficeは高度な使い方には情報が不足しているようにも思われる。

ちなみに・・・・
ExcelやCalcは外国製のソフト。
日本語中心に作成するには、国産ソフトが一番いいかと思います。
お金を出してソフトを買うなら、国産ジャストシステムソフトがいいみたいです。知名度は低いですが。
表計算で三千円代で購入できる「三四郎」というソフトがあります。機能こそExcelにかなわないですが、表現力や機能、日本語の取り扱いはCalcよりいいみたいです。

  • 最終更新:2009-08-28 21:07:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード