Ubuntu(Linux)

Linuxは10年前のPCでも動くスグレモノ


Ubuntuはすべて無料


有名なOS(オペレーティングシステム)には、WindowsMacがあるが、他にLinuxがある。

LinuxはOSの基本となるプログラム(カーネル)でワープロが動くわけではない。
OSはワープロやブラウザーを動かすための基本ソフトである。OSがインストールされている上で、ワープロやブラウザーがインストールでき使用できるのである。

Linuxにオリジナルなプログラム(ディストリビューションという)を加えてワープロが動く環境になる。そのオリジナルなプログラムを加えてワープロが動くOSの一つが、Ubuntuである。オリジナルなプログラムは初心者向けからプロ向けと多種多様にわたる。初心者向けのディストリビューションはWindowsと同様な使いやすさがあり、プロ向けは使用者が使いやすいように改造できる特徴がある。

ubuntu001.png

Windows、Mac、Linuxの仕組みを大まかに比較すると。

  • Windows(Vista,Windows7などの基本OS)→ワープロ
  • Mac(Snow Leopardなどの基本OS)→ワープロ
  • Linux(カーネル基本OS)→Ubuntu(ソフト操作するディストリビューション基本OS)→ワープロ

と考えてもよい。

Ubuntuの他にFedora、Turbolinux、KNOPPIXなどがある。サービスを付加した有料(商用)のものもある。

ソフトは無料だが、ダウンロードが前提なためインターネットに接続出きる環境が必要である。
インストール時は、ワープロや表計算を使うことが出きるが、アップデート、新たなソフトを使うにはネット接続がかかせない。

どんなコンピュータで動くか


Windows2000やMacOS Xが動く環境であれば、ほぼインストール可能である。
MacはどのようなCPUを使用しているものかにもよる様である。
Windowsが既にインストールされているコンピュータでも、Windowsをアンインストールすることなしに、Ubuntuをインストールすることが可能なのも1つの特徴である。
1台で2つのOSを切り替えながら、また同時起動させながら使用することができる。

前述にもあるように、Linux用のOSにはかなりの種類がある。
中ではUbuntuが人気を博しているが、コンピュータの能力が低くても動作するOSがある。
OSによっては、10年前のノートPCでもインストール可能な場合もある。
WindowsのOSサポート終了されたノートPCに新たに最新のUbuntuを使用することで、PC再利用の利便性がある。

短所として、コンピュータ自体の能力を100%発揮して使用するかは不明である。
なぜならば、一部を除いたコンピュータはWindows対応となっているため、ハードに対応するドライバ(ソフトからハードに適切な命令を出すためのソフト)が十分でない場合もある。
しかし、オンラインゲームのような最高の能力を求めるソフト以外は、使用することに障害はない。

プリンターに関して、予めUbuntuで利用できる機種を調べた上で導入したほうがよい。
ほとんどのプリンターはWindowsやMac対応のため、Ubuntuで利用できるプリンターは限られている。

Ubuntuのソフトは数万種類が無料


Ubuntuに対応しているソフトは数万種類あるともいわれ、日本語対応ソフトも増えつつある。
インストール時は、メール、OpenOffice、インターネット閲覧に関連するソフトが予め揃っている。
また、Windows用のソフトもUbuntu上で使用可能である。例えば、Windows用のマイクロソフトオフィスもバージョンによっては、Ubuntu上で起動することができる。
他のソフトをインストールする場合は、専用メニューからWindowsより簡単に可能になっていることが1つの特徴。
ソフトにもよるが、アップデートも個別ではなく「アップデートマネージャー」によって一括で対応できる。

漢字変換用のソフトもインストールされているが、変換能力は現Windowsで使用されているものに比べると、劣る。
バージョンアップごとに少しの改善が見られるものの、Windowsと同等の能力を求めるならば、有料で漢字変換ソフトATOKがある。
ATOKは(c)Justsystemから発売されている。
WindowsからUbuntuに移行する場合は、漢字変換機能が1つのネックとなっているため、有料ではあるがATOKで解決される。
2010年5月ごろからUbuntuで、”Mozc”という漢字変換ソフトが導入可能となった。かなり実用的である。

  • 最終更新:2011-12-29 16:56:22

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード